「藍屋敷おくむら」商品検索
藍染め 商品カテゴリー

藍染め おすすめ商品
藍染め 売れ筋商品
藍染作家一覧

古庄紀治

村上千晶
1947年生まれ
徳島県出身
紺屋古庄六代目。大学卒業後、先代の古庄理一郎氏の見習いとして紺屋職人としての経歴をスタート。理一郎氏が化学染料を一切使わない昔ながらの天然藍染めにこだわり続け、そんな一徹な父親の背中をみて育った紀治氏は、化学染料を一切使わないのが当たり前だという環境で、藍に接する。1998年には、理一郎氏と同じく、厚生労働省より国選定卓越技能章「現代の名工」として表彰され名実ともに、藍染めの第一人者として地位を確立。
現在、徳島県藍染研究会の会長を務め、藍染めの発展に寄与するだけではなく、藍染めという徳島ならではの伝統を通じ、小松島西高校にて生活文化科講師を務め、藍染を教えるなど地域貢献活動を続けている。
温和な人柄の中に、確固たる職人魂をもった人物で、長年培った経験で、物言わない「藍」の声を聞くことで、良い染料を作り出し、根気のいる染め作業を、何度となく続けることで、ようやくひとつの染物が完成する。その染め姿には、「現代の名工」としての風格が漂っている。

原田史郎

原田史郎
1954年生まれ
徳島県鳴門市出身身
絵描きを目指し上京、Uターン就職した先が、還元建ての染物工場に務めたのが、藍染めを始めるきっかけとなる。
その仕事のかたわら、独自で天然藍木灰汁発酵建てを研究。
藍だけで、ここまで表現できるのかと思うほど、自由に藍の濃淡を操り、キャンバスが白い布に、絵の具が藍にかわり、絵画的な藍染めを生み出す。
また、のりを置き、藍に染まらない部分で表現する型染めや、筒書描きという藍染技法なども得意とする。
伝統的な柄をも現代風にアレンジし、従来の伝統を基礎とし、一層、練磨し今日の生活に即した、新しいものを常に創造。
藍を染めるだけでなく、藍を通じて、地域にも積極的に貢献。
年配の方々への藍染教室にとどまらず、小学生から高校まで市内の学校に、藍染を教え、“本物の藍”の魅力を伝えるだけでなく、藍を通じた地域の活性化に尽力。
ここで得た、人と人との繋がりやエネルギーを更に、それを藍染作品へ還元。
原田史郎にかかると、藍にエネルギーがあるのを感じられる。

村上千晶

村上千晶
1962年生まれ
徳島県出身
22歳の頃より藍染の世界に入り、古庄紀治さん、住友順吉さんの工房で各9年ずつ学び、2001年に「阿波藍染工房」を立ち上げ独立。昔ながらの科学薬品を使用しない、天然の本藍染めに妥協を許さないその姿勢は、女性らしからぬ頑固さをもつ一方で、その作品は女性らしいやさしい風合いをかもしだしている。先人の知恵を培った伝統の中に、現代風のデザイン性をうまくマッチさせ、今、注目の藍染作家である。徳島県内だけでなく、東京でもその知名度を上げ、各媒体にとりあげらるのはもちろんのこと、都内でも作品の展示会などを定期的におこなっている。近年のその活躍は、藍染作家という枠を超え、本藍染めを使ったデザイナーとして認知されている。また、作品に対する熱い情熱をもち、細部までこだわる一方、一箇所にとどまることをせず、毎年新しい作品を数多く生み出し、常に前進しようとするその姿勢は、人間的にも魅力を持ち合わせた作家である。



2017年5月3日(水・祝)〜5月7日(日)、奥村商事株式会社が運営する「藍屋敷おくむら」藍住本店にて古庄紀治展示会開催

カートを見る

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
藍屋敷おくむら更新情報 RSS 藍屋敷おくむら更新情報 ATOM
藍屋敷おくむら 藍住本店 facebookページ
藍屋敷おくむら 藍住本店 Twitterページ
藍屋敷おくむら 藍住本店 Google+ページ