「藍屋敷おくむら」商品検索
藍染め 商品カテゴリー

藍染め おすすめ商品
藍染め 売れ筋商品
藍屋敷おくむらの歴史

奥村家の概要

奥村家が奥村村の歴史に登場するのは経済発展が著しい元禄期のことです。
藍商経営については文化年間に六代嘉蔵が藍商に転身したころからはじまり、九代嘉蔵の時には藍売場を筑前・肥前に拡大し、明治六年には東京の深川に支店を設けて武蔵、相模、信濃・甲斐、駿河の諸国に販路を拡大していきました。

奥村家は藍屋の屋号を持ち藍商として経営を軌道に乗せたのは、今に残る母屋(旧奥村家屋敷、現「藍の館 藍住町歴史館)が新築された文化五年(1808)の頃のことと考えられます。
また、明治十二年には酒造業を始め積極的な経営を営んでいることが伺えます。
この奥村家には数万点にも及ぶ文書は所蔵されており、旧奥村家屋敷と共に阿波藍業史の研究に重大な役割を担ってます。

昭和62年 1987 奥村会長所有の建造物13棟:旧奥村家屋敷(藍の館 藍住町歴史館)を藍住町へ寄贈。
平成元年 1989 藍屋敷おくむら藍住本店開設。
平成22年 2010 オンライン・ショップ開設。


2017年5月3日(水・祝)〜5月7日(日)、奥村商事株式会社が運営する「藍屋敷おくむら」藍住本店にて古庄紀治展示会開催

カートを見る

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
藍屋敷おくむら更新情報 RSS 藍屋敷おくむら更新情報 ATOM
藍屋敷おくむら 藍住本店 facebookページ
藍屋敷おくむら 藍住本店 Twitterページ
藍屋敷おくむら 藍住本店 Google+ページ